スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケアプランの作成

施設に入居してしまえば、ケアプランは施設内のケアマネージャーが作成する事になるので
全てお任せになってしまうんですが、在宅介護の場合はそうはいきません。
生活の細部に至るまで、どのように社会資源を活用していくか、ケアマネージャーの腕の見
せ所なわけです。
介護サービスにはいくつかあります。
施設介護サービス
介護老人福祉施設: 従来の特別養護老人ホームにあたります。食事や排泄などで常時介護
が必要で、介護保険の施設介護サービス計画にもとづく食事、入浴、排泄などの介助、日常
生活上の世話、機能訓練、健康管理などを受けることができます。

介護老人保健施設: 従来の老人保健施設にあたります。病状が安定し、治療よりは看護や
介護に重点を置いたケアが必要なお年寄りが、在宅生活に戻ることを目標として、入所しま
す。介護サービス計画にもとづく、医療、看護、医学管理下での介護、機能訓練や日常生活
の世話などを受けることができます。

介護療養型医療施設: 急性期の治療が終わり、長期の療養を必要とするお年寄りのため
の病床です。ここに入院するお年寄りなどは、介護保険の施設介護サービス計画にもとづく
医療、療養上の管理、看護、医学管理下での介護、機能訓練などを受けることになります。

在宅介護サービス
通所介護(デイサービス): 通所介護施設で、食事、入浴などの日常生活上の支援や、
生活行為向上のための支援を日帰りで行います。
短期入所生活介護等(ショートステイ): 短期間施設に宿泊しながら介護や機能訓練な
どを受けることができます。
通所リハビリテーション(デイケア): 医療施設や介護保健施設などに通い、理学療法
士や作業療法士によるリハビリテーションなどが受けられます。

訪問介護: ホームヘルパーなどが家庭を訪問し、食事、入浴、排泄の介助や炊事、掃除、
洗濯などの日常生活の手助けを行います。
訪問看護: 訪問看護ステーションなどの看護師、保健師、などが家庭を訪問して、主治
医と連絡をとりながら、病状を観察したり床ずれの手当てなどを行います。
居宅療養管理指導: 医師、歯科医師、薬剤師などが家庭を訪問して、医学的な管理指導
を行います。
訪問入浴介護: 寝たきりのお年寄りなどの家庭を、入浴設備や簡易浴槽を積んだ移動入
浴車などで訪問し、入浴の介助を行います。看護師などが健康チェックも行います。
訪問リハビリテーション: 理学療法士や作業療法士などが家庭を訪問して、日常生活の
自立を助けるためのリハビリテーションを行います。
認知症対応型共同生活介護(グループホーム): 認知症の状態にあるお年寄りなどが、
住宅などで9人程度の共同生活をしながら、介護スタッフによる食事、入浴、排泄、など日
常生活の支援や機能回復訓練を受けることができます。

これらのサービスを組み合わせて、必要な計画を立てたものが「ケアプラン」です。但し、
要介護度と生活形態によって、保険の適用サービス・金額に限度が設けられています。

要介護状態区分 1か月の支給限度額
----------------------------------
要支援1 49,700円
要支援2 104,000円
----------------------------------
要介護1 165,800円
要介護2 194,800円
要介護3 267,500円
要介護4 306,000円
要介護5 358,300円

介護保険では、要介護状態区分(要支援1・2、要介護1~5)に応じて利用できる上限額
(支給限度額)が決められています。上限の範囲内でサービスを利用するときは、利用者負
担は1割ですが、上限を超えてサービスを利用した場合には、超えた分は全額が利用者の負
担となります。

1割の負担が高額になったとき
同じ月に利用したサービスの、1割の利用者負担の合計額(同じ世帯内に複数の利用者が
いる場合には、世帯合計額)が高額になり、一定額を超えたときは、申請により超えた分が
「高額介護サービス費」として後から支給されます

一般世帯                            世帯:37,200円
住民税世帯非課税                        世帯:24,600円
●合計所得金額および課税年金収入額の合計が80万円以下の人   個人:15,000円
●老齢福祉年金の受給者                     個人:15,000円
●生活保護の受給者                       個人:15,000円
●利用者負担を15,000円に減額することで、         個人:15,000円
生活保護の受給者とならない場合                 世帯:15,000円

問題点
まず、介護関連施設の絶対数が足りてません
行き場がない(介護難民)ので、在宅になるしかない。つまり、最善の選択ができない状態です。
家族介護では到底無理な場合があります。
1.独居老人の場合
2.家族が遠距離にしか居ない場合
3.状態が重度化し、24時間体制の介護が必要な場合
4.家族が介護疲労で限界の場合
5.家族の急な病気等で介護が不可能な場合
等、入居もしくは短期入所する施設がない。ケアプランはあくまでも1ヶ月単位のものですが、早々
予定通りの生活が出来るわけではありません。急な変更は、ケアマネージャーの裁量に掛かっている
わけですが、そもそも受け入れる施設がない場合、どうしようもありません。
2003年、2006年の介護保険法改正で、「在宅介護偏重」のツケがそろそろ限界になっている状態です。
受け皿がない以上、上記の状態でも、家族は更に無理を強いられる。在宅介護の
「介護殺人・心中」の事件は、年10%以上の増加傾向を続けています。
更に、何でも家族任せになってる状態で、生活を維持しようと、全てを介護サービスで行おうとする
と、限度額に収まらないどころか、半分も満たない状態。要介護5の要介護者でいえば、保険以外の
持ち出しが30万程度になってしまいます。施設に入居できた場合とでは、差額があり過ぎます。
更に、生活維持をするにも、そもそもサービス自体が提供されないという、地域格差もあります。
都心など、様々なサービスが選択でき、家族も仕事を続けられる場合もありますが、地方に行くと
サービスさえなく、全て家族任せとなり、介護のために離職するケースも少なくありません
2008年度では、介護離職者は全国で14万人を超え、毎年10%以上の増加傾向です。
何故離職しなければならないか?簡単な例を挙げましょう。
要介護者を平日に家において置けない場合、「デイサービス」を利用します。しかし、デイサービ
スの利用時、送迎の際、家族への引渡しが条件になっています。利用時間は、9時~15時(16時)
になっており、延長サービスは基本的にありません。つまり、9時から15時までしか家族は働けな
いので、時短労働をする必要があるわけですが、企業側にはそれを補助する必要性はなく、解雇
となり得るのです。送迎時に、NPOやボランティアで家族に代わって送迎をしてくれる地域であれ
ば何とかできるかもしれないですが、平日毎日となると、なかなか人員が居ない為無理でしょう。
では、訪問サービスを主体にしてケアプランを組むと、家族は仕事を続けられるんじゃないかと
いうと、逆にもっと大変です。食事、生活支援サービスは、家族が同居してると、提供されない
というおかしな改正が2006年にあり、食事は全て家族が作る、買出しや掃除という、訪問介護サービス
は同居の場合受けられません。つまり、在宅介護になった瞬間、同居家族の一人は、確実に家に
縛り付け状態になる構造になってるのです。
それで、毎年14万人もの介護離職者が現れているのです。本来、労働力となる家族を介護に縛り
つけ納税のできない無職とした上に、その世帯の所得を減らし、何の補助もない状態にしてしま
うのです

要介護者一人、家族一人の構成の場合、収入は要介護者の年金一本になってしまい、生活保護家庭
よりも貧困な世帯が出来上がり、生活保護のような、医療費控除、介護保険控除等はなく、何処に
相談しても窓口で突っ撥ねるのが現状です。低所得者にさせておいて、「高額介護サービス費」を
設定しているから、という国会答弁がありますが、これは払い戻しの制度なので、一旦支払わない
限り戻ってこない。低所得の要介護者には、一旦払うような金額は手元に残らないので、受けたい
サービスがあっても受けれないのです

例えば、要介護度5、全介助の人が在宅介護で、収入は基礎年金のみ、同居家族が1名の場合のサー
ビス利用を考えて見ます。
基礎年金額は約7万円。その中から、家賃、食費、光熱費、医療費、雑費、本人の介護保険を支払い
更に家族が介護に従事して働けないので、家族の医療保険、国民年金等も払わなければなりません。
そして、介護サービスを利用したら負担金を払う訳で、自己負担分の最大35,830円を負担し、高額
介護負担金15000円の差額が戻ってくる・・・そんな生活が出来るわけがないのです。母子家庭の生活
保護費は、月27万もある。これが国が定める「最低限の文化的生活」をするのに掛かる費用なのに
介護を家族に負担させ、サービスも受けられずにいる状態を放置している。低所得世帯への補助が
ないのは、今後も介護殺人・心中を歯止めする事はできないのです。
スポンサーサイト

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

あのま

Author:あのま
シングル介護で12年。要介護5の母親の介護をしながら、何の補助もない社会制度に苛立ちを覚え、赤裸々な現実をここで書いてみたいと思います。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Visit Thanks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。