スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝坊

今朝は、1時間半ほど寝坊しちゃいました。
朝が起きれなくなってきたってことは、介護疲れが溜まってきたんだと思います。
在宅介護をしてると、こうして疲れてきても、休む日がないんですよね。
如何に毎日を疲れずに淡々と過ごしつつ、母親にはいい刺激を与えながら、病状が少しでも回復するように生活し、尚且つ収入を得ないといけないんですよ。
これを全部できる人がいるなら教えて欲しいもんです。

どこかに重点を置いて生きてるのが人間だと思うんですよね。一般的には、仕事と恋愛、仕事と家庭、とかどっちかに比重を置いてる人がほとんどだと思うんですが、在宅介護をしてる人は、きっと要介護者が最優先にしか考えられないようになってると思います。自分に関する事は、一番最後でしょう。少しでもサボると、様態が変化するような場合だと、更に自分の事なんて頭にはないんじゃないでしょうか・・・
僕も、12年間そんな感じで生きてきましたね。
そりゃ男ですから、仕事もバリバリしたかったですし、金銭欲も出世欲も人並みにはありますから。
でも、それ以上に手が離せない状況に追い込まれたので、諦めちゃいないけど、自分の事はないがしろにして生きてきちゃいましたw
父親を子供の頃に亡くしてるせいか、親孝行もまともにしてないんで、死んでからではやろうとしても出来ないのを知っちゃってるんで、一心不乱に介護に没頭しちゃいました。はははは・・・・

で、寝坊の話に戻しますが、1時間半の遅れは、大変な事になってましたw
朝からベッド上が見たくない状況に・・・・^^;

今日の教訓・・・
寝坊はしちゃいけない!朝は必ず定時にオムツ交換! ですw

明日はデイサービス・・・
雨っぽいので、出かける時とお迎えの時、濡れないように注意が必要です。

では、寝坊しないように、今夜は早く寝ましょう(^^)v
スポンサーサイト

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

通院

昨日は、退院後初めての通院日でした。
基本月1回の通院で過ごしたいので、薬がなくなるタイミングで通院の計画をケアプランに組んでもらってます。
まぁ、行き帰りの介護タクシーの手配だけなんですけどね。
こういう場合でも、ヘルパーの付き添いはされないのが、現在の介護保険の現状。
何かある毎に、全て家族の手が必要になります。介護者の負担を減らすための介護保険制度という開始当初の大名目は、どこに行ってしまったんですかね?介護保険を徴収するために甘い言葉を並べ立て、その後、「聖域なき構造改革」という抽象的な言い回しで、社会保障費をザックリ削り、介護保険制度を改悪した結果、現状の介護制度崩壊となったわけですよね。
ま、これも細かい事を言い出したら、1日分のBlogじゃ書ききれないほどありますが・・・

話を戻しますと、通院でしたねw
脳外科と内科の診察(退院時に予約済み)なので、まずは脳外科から・・・
主治医 「調子はどうかな?」
母    「はい、大丈夫です」
主治医 「しかし、こんな症例はないよ。あんだけ悪くなったのに、ここまで回復した例は、私の経験上でも初めてだよ。”アンビリバボー”の番組に出しても大丈夫なくらい”奇跡”だよ」
母    「・・・・」(悪い時の記憶がないんで、ポカン状態ですw)
私    「まだまだ全快ではないんで、まだ奇跡じゃないっすよ」
主治医 「麻痺はないから、体力つけば、生活できる程度になると思うから・・・ただ、寝たきりが長かったんで、戻るまで時間は掛かるとは思う」
私    「あちこちの神経が戻るまでには、まだまだ掛かるでしょうね」
主治医 「じゃ、また1ヵ月後元気に来てください」
母    「頑張ります」

と、まぁ、無難な診察だったわけですが、内科の受診時には
主治医 「導尿のカテーテルは、どこで出してもらうの?」
私    「いや、退院後初めてなんで、どこかは聞いてませんが、処方で出してもらえる、と聞いてますよ?」
主治医 「じゃ、外で待っててください。看護婦に案内させますんで」
私    「はい、分かりました」

で、案内されたのは、外来で処置する(点滴ルーム)部屋だったわけですが、そこの人々からすれば、「聞いてねぇ~よ!」状態で、右往左往。入院時の看護婦まで呼び出されて、なにやらわぁわぁ・・・
自己導尿してる患者くらい他にもいるだろうに、何故今騒いでるのかが理解できませんでしたよw
別に院外処方でもいいんですよ。ただ、カテーテル等を無しに、「導尿してください!」と言うばっかのがおかしいとツッコミを入れたくなるだけですw
導尿やら吸引やら、別に特別な事でもなく、やり方覚えたら誰でもできますから、脅すように言うのはやめてねw

てことで、後は薬を院内薬局でもらって、帰ってきました。2時間以内で終わったんで、まぁよかったです。あまり長くなると、車椅子に座ってられなくなりますしね。

で、前半に書いた改悪介護保険については、後ほど追記しますw

続きを読む

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

あのま

Author:あのま
シングル介護で12年。要介護5の母親の介護をしながら、何の補助もない社会制度に苛立ちを覚え、赤裸々な現実をここで書いてみたいと思います。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Visit Thanks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。