スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民の権利と義務

国民の権利と義務

先月、この数年分の地方税の修正を出したので、母の保険区分が変更になり、新しい保険証を取りに来い、という書面が届いていた。と、同時に、自分の分の国民保険の滞納修正分も着ていた。ギリギリの生活してるんで、自分の健康保険なんぞは、払える余力はないのですよ…

ということで、母上の保険証は必要なので、窓口まで出掛けてきました。
これは、あっさりと差し替えしてもらい、次の入院から安くなります。という事だった。(いやいや、もう入院はして欲しくないんですけど…)
で、自分の書面を出して、話そうとすると、どうやら担当が違うようで、別の女性(25歳くらいかな)が…
「それで、今日はいくら払ってもらえるんですか?」
(いやいあ、一言も払うとも言ってないし、そもそも、書面を見せただけで、口すら開いてないんだが?)
「・・・・?」
「何年も滞納されてるんで、こちらとしては困るんですよね!」
(働き始めて数年、権力の心地良さに酔ってる感満載だのぉ、女史よ)
「国民健康保険料は、国民の義務ですから、守ってもらわないと!」

気持ちいいくらいの啖呵を切ってくれるものです。
「いいですか?そもそも、払わないのではなく、払えない。払えないのは、介護に追われてるから。入退院も頻繁で、仕事すら出来ない状況が何年も続いてるから。
そして、義務というならば、こちらも勤労の権利を有するが、この町は、介護施設も全然足りず、家族に任せてる現状で、勤労の権利を奪っておいて、義務は行使しろ、と仰る。重介護者を抱えて仕事も出来ず、補助もせず、税金を取るだけの義務を負えというのは、いささか貴女の言い分は納得できないんだが?」
と、捲くし立てると、奥から他の男性職員がすっ飛んできた。

「あ!○○さん、いつも介護ご苦労様です。最近、お母様の表情がよくなったと介護関係者では話が出てましたよ」
(初対面だが、名前を知ってるのか…ん?母親の状況までなんで知ってるんだ?噂してるのは、守秘義務は守られてないという訳だな)
彼は続けて
「介護者が倒れたり、病気になったりで、保険が使えないと大変ですよね。ちょっとお待ち下さい、期間が短いのを発行します」
と、奥にまた入って行った。

国民健康保険の滞納分を分割払いにする事で、良心的に短い期限付きの保険証を発行してくれる。しかし、分割で払うとも、発行してくれ、とも言ってないわけだが…

すると、また女史が滞納一覧を眺めながら
「この一期分でも払ってもらえませんか?」
と、仰る。まぁ、払ってもいいんだが、と思ったところで、彼女は矢継ぎ早に
「何も払わないのに、保険証だけ発行してくれ、ておかしいでしょ!」

これには、カチン!ときた。
「俺、一言も発行してくれ、なんて言いました?だったら、発行してもらわなくても全然構いませんよ」
そのやり取りを聞いたのであろうさっきの男性が、またすっ飛んで来た。そして、女史に
「介護の合間を縫ってこうして窓口までいらっしゃって、今後の検討をしようとされてるのに、何言ってんだ!この町で一番長く在宅介護をされて、生活は困窮されてるけど、熱心に前向きに取り組んでらっしゃるんだ。余裕が出来た時にでいいんだ」

なんだろ、この違和感…
言ってる事は事実だけど、なんかこの言葉一つ一つが受け入れられなかった…

知らない人が実状を知り過ぎてるのもなんか不気味だし、こっち側の考えでものを言う公務員という姿が、クレーマー相手の専門員にしか見えなかった。
まぁ、クレーマーには違いないけど、喧嘩は売られたから買ったまでですよ^^;

社会的弱者に、「権利」と「義務」を課すことは、まずは権利が優先される。
生活権、生存権、職業選択権、労働権等。
その上で、義務が発生する。納税であったりね。

今日の女史は、義務を行使しろ、と迫ったわけであるが、いざとなれば、こっちには生活権、生存権争いで、生活保護要求ができる。生活保護窓口との争いも過去に何度かあったが、それは別の話に。

取り敢えず、自分が町の有名人扱いされてる事にびっくりで、この町には守秘義務などあったもんじゃないな、と。
そんな町で、訪問介護で人が出入りした日にゃ、どんだけ噂が広まるのやら…
あぁ、怖い、怖い…

スポンサーサイト

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

プロフィール

あのま

Author:あのま
シングル介護で12年。要介護5の母親の介護をしながら、何の補助もない社会制度に苛立ちを覚え、赤裸々な現実をここで書いてみたいと思います。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Visit Thanks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。