スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族介護者の責任と施設の責任 ーー 保護責任者問題に思う

寝たきりの母親(82)を自宅に放置、熱中症で死なす 
養護学校教諭(45)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕


逮捕容疑は、昨年8月1日、食事や排せつの介護が必要な実母のハツヨさん(当時82歳)を
風通しの悪い自宅に残して外出、熱中症で死なせた、としている。

松江署によると、福間容疑者は同日午前10時ごろ外出。午後4時半ごろ帰宅してハツヨさんの
異変に気付いた。約2時間後、交番に「母が亡くなっている」と電話し、直後に119番通報
していた。

という事件の概要です。

6時間程の外出中に残念ながら寝たきりの母親が亡くなったわけですが、意図的なのかそうじゃ
ないのかは不明ですが、逮捕まで発展したのなら、未必の故意があったのかもしれません。

しかし、これをシングル介護者の立場から見ると、本当に色々疑問を感じ、明日は我が身でも
おかしくない、と感じるものがあります。

亡くなった母親が、介護サービスを受けていたかどうかは分かりませんが、受けていたとしま
しょう。寝たきりなので、要介護度は5でしょう。
被疑者は職に就いていたので、昼間働いている時間、訪問サービスを受けていたと思います。
まず、ここで、自分のケースに当てはめてみたいと思います。
1)要介護者(母親)は、要介護度5で寝たきり認定を受けている。
2)介護サービスで受けているのは、週一回のデイサービスのみ。
3)医療行為があるため、訪問看護が受けれるが、ケアマネからは人手不足で派遣出来ない
  と言われている。
4)デイサービスの回数を増やすには、要介護者の体力面で問題があり、回数は増やせない。
5)半年以上前からショートステイをお願いしているが、ケアマネからは、療養型が空きが
  ないため、待ちの状態である、との話である。
6)生活支援、介助は、同居家族が居るため、サービス提供出来ない、との話である。


結果、24時間体制の家族介護になり、長時間の外出は不可能。睡眠時間も長くて3時間を
細切れに取るのが精一杯


当然、職に就ける訳も無く、収入は要介護者の年金のみになる。

シングル介護の場合、見守りもし、買い出しもし、その他外出の用事も全部一人でしなければならない。
買い出しに行ってる間に、この事件のように、母親が亡くなっていたら、自分は逮捕されるのだろうか?
超貧乏なので、我が家のエアコンは、壊れたまま。新しいのを買うのも自分の収入が無い以上難しい。
制度上、家族に介護を押し付けている以上、行政は多様な補助を用意すべきだと思うんですが、介護で
の補助があるのは、寝たきり介護老礼金の月5000円のみ。オムツの補助もない。
そんな生活レベルなので、猛暑で、寝たきりで、エアコンもない生活で、買い出し中にもし亡くなって
たら、犯罪者にされるのか?


では、施設ではどうだろう。
介護職は数人で大勢の要介護者を看ている。目が届かない場合も多い。表には出て来ないが、目を離し
た隙に転倒して、打ち所が悪くて亡くなった場合もあるだろう。目を離せば、危ない、というのは、
共通認識だったであろうから、それを怠った転倒は、未必の故意と思われても仕方ない。
大抵の場合、当事者間で解決されているか、多くは、利用者側が泣き寝入りのケースだろう。

もし、介護者(自分)が、病気加療が必要になり、通院が必要な場合、どう考えても現状では介護者の
時間は取れない。全てが「同居家族が居る場合」と規制があり、サービスを受けれない。介護者は、病
気さえも出来ない状態に制度が追い込むのです。

要介護者が、自宅で暮らしたい、という要望に沿い、在宅介護を勧める制度になってはいるが、上記の
我が自治体の制度に対するサービスの欠乏を鑑みると、あまりに介護者の権利を奪い、体力、気力を消
耗させるだけの制度ではないか?

この事件の背景は、追い込まれた精神状態/体力の限界があったかもしれない。
親が車内に子供を残して、パチンコに没頭してた、とは違うものがあると思う。

先日、介護保険の改正法が可決された。最初の頃の「24時間訪問介護」の勢いは何処へやら。
改悪の部分ばかりが目立つ内容である。それを与党野党の賛成多数で可決した。
議員の方々、一つ一つの条文が利用者と家族、施設にどう影響が出るか分かってらっしゃるのでしょう
か?

そんな前に、まず、自治体の介護レベルを相対的に評価するべきではないか?
地域格差があまりにも酷い。我が自治体は、この十年、何も進歩が無いままである。何年も前からケア
マネを通して訴えてるが、ケアマネが動かないのか、進歩の無いまま、介護者だけが命を削って介護
している。

本当に、自分が倒れた場合、誰が責任を取ってくれるんだろうか?



スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

非公開コメント

プロフィール

あのま

Author:あのま
シングル介護で12年。要介護5の母親の介護をしながら、何の補助もない社会制度に苛立ちを覚え、赤裸々な現実をここで書いてみたいと思います。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Visit Thanks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。