スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新政権誕生で、医療・介護はどう変わるの?

とうとう、鳩山政権が発足しました。
政治主導の改革をしていくそうで、国民目線に立った改革を行っていくそうです。

子育て世帯には、手厚い補助が期待できるようですが、それ以上に苦しいシングル介護世帯に対する朗報が全く聞かれないのは、やはり見捨てられてるんでしょうね(笑

僕の立場から関心があるのは、やはり厚生労働省。「ミスター年金」こと長妻大臣のお手並み拝見という感じなんですが、お先真っ暗な制度に12年も付き合わされてきたんで、あまり期待してもぬか喜びにしかならないだろうなぁ、と悲観的な期待感(?)です(笑
深夜の会見では、いきなり、「後期高齢者医療保険」は、廃止します、と言っておられましたが、保険制度を元に戻すことになるんでしょうね。その場合、膨れ上がってる医療費の問題等は、同時に解決しないといけないと思いますが、秘策はあるんでしょうか。

そんな中、「全国の介護型療養病床2.8万床減」
http://www.asahi.com/health/news/TKY200909110009.html

これは、高齢者向けの入院病床の記事ですが、介護制度に移行するため、病院内の高齢者向け病床を削減して行く、という小泉改革からの方針で、減らした分、介護施設を増やす、という流れだったと思います。
が、減らす方向は進んでいるが、介護施設の増加は遅れてる、という記事です。まぁ、元々追いついてない介護施設なんですから、更に入院病床減らしちゃ火に油だろ!、と誰でも分かる事ですよね><
施設もただ作ればいいってもんじゃなく、人を相手にするんだから、資格はもちろん職員には人間的な問題もクリアしてないと、問題が起きる(いや、現に起きてる)ばかりですが。
家族介護を推進して、施設の建設を最低限に抑え、その分家族介護手当てを儲ければ足りない病床はクリアできると思うんですがね、先生方・・・・

介護保険制度自体が穴だらけのシステム設計なんですから、根本的に考え直すべきだと思うんですよねぇ。非介護者、施設、職員、家族、どの立場の人も幸せになれない制度設計をよくも10年以上も押し付けてきたと思います。
あ、職員の報酬は2万程度上がるんでしたっけ?13万が15万になるくらいですかね?

そもそも、介護を社会で、という制度が、年々介護難民を生み、余波で身内は離職して介護に専念せんばならず、家族介護にはなんの補助もないという現状を生んでる悪循環をいつまでやるんでしょうか。今後10年で、団塊世代が介護が必要となり、その子の世代は非婚者がいっぱいで、シングル介護の予備軍。
僕が介護を始める時、この状況は既に見えていて、地元の議員や行政にも言ったんですが、頭の悪い人だったのか、全然伝わってなかったですね^^;

長妻厚生労働大臣、子育てより介護はもっと悲惨な生活で待ったなしの人々が苦しんでいますよ!!
と、ここで小さく叫んでおきます^^;
スポンサーサイト

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント

非公開コメント

プロフィール

あのま

Author:あのま
シングル介護で12年。要介護5の母親の介護をしながら、何の補助もない社会制度に苛立ちを覚え、赤裸々な現実をここで書いてみたいと思います。

Twitter
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Visit Thanks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。